なんだか調子が良くって、1日掛かってプログラムを組んでみたのに、
いざ走らせると全然巧くいかない事ってあります。
調子が良かったんだから最後まで巧くいって欲しい物ですが、
そういう時のプログラム漏れがどこにあるか探す方がひと苦労だったりで。
漏れ繋がりの小話ですが、家で漏水が起きた知人がいるのですが、
その人も漏水が解っても場所を正確に把握するのに苦労したと言っていました。
プログラムの場合は、見つかるまで人件費が。
漏水の場合は、水道代がかさみます。
漏れって嫌ですね…。

世の中はCで出来ているといっても過言ではありませんが、
歴史がある分、さまざまな勉強方法があることも事実。
初心者や少しかじっている程度の人は、まず初心者講座を受講するのがいいでしょうね。
Javaは意外と独学でなんとかなっている人が多いのですが、これまた意外と勉強会の人気が高い。
というのは、来週プログラミング言語入門のセミナーをバーチャルオフィスで行う予定なんです。
20名程度を予定していたのですが、応募が多く倍の広さの会場に変更したんですよ。